ガーデニングの基礎、楽しみ方、初心者にオススメな植物の紹介など

ガーデニングなび

ガーデニングを始めよう


植物を育てる土

植物を育てるには、
根元をしっかり根付かせて、
土の栄養分を吸収できる環境にあることが必要です。

植物によっても多少違いますが、
土壌の酸度(pH度)を整えることが大切です。

土壌の環境によって、
水分と養分の吸収作用が大きく影響されます。
土壌は、
基本的に弱酸性から中性の状態が理想的です。

土の酸度は、
植物の成長に大きくかかわっています。

植物が生育するには、
3大栄養素である
・チッソ(N)
・リン酸(P)
・カリ(K)
が必要不可欠です。

チッソは、
茎と葉の成長を助ける役割をします。

リンサンは、
花や実の形成を促進して、
カリは、
根の張りの状態をよい状態に保つ働きをします。

極端に酸性が強くなると、
カリの吸収を妨げるようになり、
アルカリ性が強いと、
鉄・マンガン・銅などの要素が吸収されにくくなり、
葉の色が白っぽくなり、
鉄欠乏症が引き起こされるアルカリ障害になります。

土の環境を整えることが、
植物の生育にとって必要不可欠です

UP▲

~ガーデニングなびへ

Copy right(C)
ガーデニングなび
All Rights Reserved.